読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

B.LEAGUE開幕!リンク栃木ブレックスVS秋田ノーザンハピネッツ戦の感想

スポーツ

Bリーグが開幕しました!

今年は歴史的な瞬間をたくさん見れますね。

 

僕は昨シーズンからブレックスの試合を(中継のみで)見始めたペーペーなのですが、それはそれは古参風バスケ経験者感を醸している外見なので胸を張って講釈を垂れようと思います!応援ハリセンスで叩かないで!

 

ブレックスは今年落合、ギブス、竹内の補強を行い、「最強布陣」と呼ばれているみたいですね。昨年のプレーオフでロシター選手が肉離れを起こしてしまいました。そういったとこから個人の出場過多を防ぎ、尚且つ戦略的なベンチワークというのも見どころになる気がします。(断定を避ける言い回し)

 

開幕戦は秋田ノーザンハピネッツ

試合開始前の選手紹介で暗転した中観客が光るライト持っててアイドルのライブみたいでしたね^^今までやっていない演出らしいので出禁必至で「ブレックスMIX」を浸透させるなら今が狙いどころです。

 

昨シーズンまで栃木にいた安藤誓也と田臥の司令塔対決が注目だ~と思っていたらファーストポイントは竹内!インサイドがググッとサイズアップした感じする。

 

敵ながら秋田のスティーブンズのベースラインからのパスを直接ダンク!

やり返そうとした熊谷のダンクをブロック!

そして1クオーター終了直前にもアリウープ

こんなシビれるプレイが毎週のようにテレビで観れると思うとうれしいです。

バスケ関係者の人はもっと嬉しいはずです。

 

ブレックスは前線に運ぶスピードが非常に早い気がしました。

24秒使ってしまうこともありましたが、決めきれない場面にガードに戻して仕切り直しというシーンが何度かあったのでこのままボールポゼッションを高めて、速攻でも決めていければ…と考えました。 

逆に秋田はショットクロックぎりぎりのシュートを個人技で決めきっていてムムム。

こんな風に素人が雄弁のままに戦略的なことを語ろうとすると必ずどこかに歪みが生まれていて知らぬ間に泥沼に足を沈ませているので有識者の方に"リアル"をボースハンドで叩きつけて頂きたい。

 

3Pが少なく、外から崩せない両チーム。

しかし2クォーター中盤から秋田の外からのシュートが決まりはじめ最大12点差が付いていました

という感じで3、4クォーターからは秋田のスリーがスパン!スパン!栃木のスリーはガン!ガガン!ファウルでピッ!ピッ!

結果栃木のスリーは2本止まりで、シーズン初戦は黒星発進。(かなりはしょってます。)

 

スリーとリバウンドの差でしょ!?!?

なんでぜんぶリバウンド取られちゃうの??なんで???

ってくらい僕はなーんにも分からない無知無知グラマラスなので今度バスケやってる友達にたくさん教えてもらおうと思います。

分からないことがたくさんあるのでバスケを観てるのは楽しいです。

分かったらさらに楽しいです。 

それと我らが今市のビッグスター。橋本晃佑選手の活躍も見たいですね!

 

10月8日の観戦に行く予定なので本当の古参ファンの方々よろしくお願いします!

玉井詩織さんの黄色Tシャツで行っていいですか????

広告を非表示にする